0コメント

テレワークをはじめるなら見やすくてカッコいい液晶モニタにしよう

新型コロナウイルスの影響でテレワーク(在宅勤務)になった

 新型コロナウイルスの影響でテレワーク(在宅勤務)になっている人も増えてきたようですね。社会人になり随分と経過していますが、まさか自分がテレワークする日が来るとは思ってもいませんでした!

 テレワークになって、通勤電車に乗らなくてもよくなって感染リスクがほとんどなくなり、且つ通勤時間が0になると言う理想の環境になりました。もともと会社に行かなかったら引きこもりみたいなものだったので、家に居続ける事が苦ではなくて。


実際にテレワークになって困る事

 友人からテレワークになって困っている事があると、聞く内容は共通しています。
  • 机と椅子が合わなくて腰が痛い
  • パソコンの画面が小さくて仕事がしにくい
 などなど、皆さん思うことは同じような感じのようです。


 机と椅子については、個人に寄って座ってみないとわからないのでしょうが、ノートパソコンの画面が小さい場合は液晶モニタがあれば解決できます。僕が所有しているモニタがありますので、そのシリーズをご紹介いたします。

液晶モニタを選ぶポイント

液晶モニタを選ぶ際は、画面がIPS液晶である事は必須です。いくら安くてもこの方式でない液晶モニタは選ぶべきではありません。IPS方式でない場合は表示する画像が見ていられないほど低品質なものの可能性が高いです。
 今回ご紹介する液晶モニタは、IPS方式の綺麗な画像が表示される液晶モニタに限りますので安心してください。(ノートパソコンを購入する場合もIPS方式であるかを確認して買いましょう。)

また液晶モニタを選ぶ場合には下記がポイントになります。
  • サイズ
  • スピーカーの有無
  • HDMI端子の数
  • 解像度(通常であればフルHDを選択)
 検討するべき液晶モニタのサイズは、21.5インチ、23.8インチ、27.0インチくらいが現実的なサイズになります。23.8インチほどになるとパソコンで利用する場合に「結構大きい」と感じることのできる大きさです。迷った場合は23.8インチを選んでください。僕の場合は21.5インチを選びましたが、部屋が狭いために小さいものを選びました。このサイズでも作業で困る事はほとんどありません。

 スピーカーの有無は、パソコンの音をモニタのスピーカーから出したい場合や、テレビーチューナー、ゲーム機を接続したい場合にないと困る事になります。テレワークに活用したいだけであれば不要です。(おそらくテレビ会議をするときには、パソコン側のスピーカー、マイクを利用することになりますので)

 HDMI端子の数は、複数のパソコンやチューナーなどを同時に繋げる数になります。(切り替えて使うことになります。)HDMI端子が1つの場合は、映し出すパソコンを変更するたびにHDMIケーブルをつなぎ変えることになります。

 解像度は大抵のノートパソコンがフルHDだと思いますので、それと同じフルHD解像度のもの選択するのが無難です。 

 僕が使っている液晶モニタはHP(ヒューレットパッカード)社の製品ですが、コンパクトな上にかっこ良いので、家族や友人にもお勧めしていますがとても評判が良いんです。とにかく液晶パネル部分が薄いし、縁も細くてカッコいい!

テレビでも良いのでは?と言う疑問にお答えします!

「テレビでもパソコンのモニターになるのでは?」と質問を受けたことがあります。回答としてはYesとなるのですが、止めたほうがよいという可能性がある事を申し上げます。
 それは、だいたいのテレビは、上下の角度調整に対応していないのです。ですので、HDMI端子が付いたテレビをパソコンのモニタとして利用する事は可能ですが、角度を変えられないがために無理な姿勢での作業が強いられますので、快適とはいかないのです。
餅は餅屋。パソコンモニターは専用のものを購入しましょう!

おすすめの液晶モニタをご紹介

今回は下記のものをご紹介します。
  • スピーカー:なし
  • HDMI端子:1
  • 解像度:フルHD










 いずれも一昔前よりも薄くてカッコよく、設置するのに必要な面積は小さくなっているのでコンパクトになっています。
 カッコいいだけでなく表示される画像も明るくて見やすい製品ですので、快適なテレワークのお供に是非!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント